FC2ブログ
ある大学生のバリアフリー調査
気づいたこと、調査したこと、発見したことがあれば更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居酒屋
こんにちは。
今日は居酒屋について書きたいと思いまーす!

私は、居酒屋好きです。
お酒飲むのが好きなので。
と言ってもカクテルかチューハイ、果実酒
あたりしか飲みませんが・・・

居酒屋探しの時は、
駅前でホットペッパーを取ってくるのもありですが、
おもにインターネットの情報収集することが多いです。

あるキーワードで居酒屋を検索してみました。
ぐるなびです!

その① 全452件

その② 全23件

数が全然違いますね。

これ、そのキーワード検索をしたと思いますか?



正解は



その① 居酒屋 三宮



その② 居酒屋 三宮 バリアフリー



です。
バリアフリーの言葉を入れるだけで
ヒット件数が大幅に減るようです。



確かに、居酒屋は狭くて
バリアだらけのお店が多いですね。
特に、安い居酒屋は狭いところが多いように思います。



そんなバリアだらけのイメージがある居酒屋ですが
お酒好きな人は好きですよね?
車いすであっても、杖をついても
居酒屋に行きたい人はたくさんいます。

居酒屋を経営する方は、
どのように考えているのでしょうか。

居酒屋の中でも、
ハード面のバリアフリー、
ソフト面のバリアフリーともに
意識している店もあるみたいです。


ハートフルなお店特集

このような店が増えるのはうれしいですが
少ないように思います。

また、私の偏見であるかもしれないですが、
値段が高めで、レストラン風な店が多いですね。
これは、行くのに敷居が上がるのでは?

ちょっと飲みたいな
と思うときに、
気軽に行けるような値段、雰囲気の居酒屋
に行くことができればよいのになーっと
思います(^O^)


スポンサーサイト
障がいのある外国人観光客?
最近、町にでると外国人観光客をよく見かけますね。
外国人観光客を見かけない日はない・・・
というくらい見かけます。


あるとき、ふと思ったんです。
「あれ?そーいえば、障がいを持った外国人観光客
って見たことない・・・。」

日本はまだまだ世界から障がい者が
来ることができるほどバリアフリー
が整っていないのでしょうか。
それとも、日本のアピールが足りないのでしょうか。



障がいを持つ外国人観光客をサポートする
社会資源はあるみたいです。


ここです↓
特定非営利活動法人 Japan Accessible Tourism Center
http://www.kijikiji.com/consultant/npo.htm


すごい!こんな団体があったのですね!
初めて知りました。
このような素晴らしい社会資源があるのに、
必要な人に情報が届いていないように思います。
もっと多くの人に知ってほしいなぁ。


また、この団体を立ち上げられている方の
バリアフリーに対する考え方がなるほどと
感じました。
人それぞれ考え方は違いますが、
バリアフリーに対する意見をしっかりと
述べられている点とても参考になります。

木島英登バリアフリー研究所
http://www.kijikiji.com/consultant/

100か国以上も車椅子で旅行されている
そうです!すごい
サービス介助士って?
こんにちは。
昨日は車椅子で電車に乗ってきました!
電車で車椅子に乗ることは初めての経験です!

まず駅へ向けて出発!
特に、煉瓦でできている道は振動が伝わってきました


電車に乗るために切符を買います。
精一杯手を伸ばさないと切符を買うことができませんでした。
車椅子の種類にもよりますが、
私が乗った車椅子の高さは低いので
切符販売機は使いづらかったです。

では、電車に乗るために駅員に伝えます。
その名札には、「サービス介助士」と書いてありました。

うん・・・サービス介助士ってなんだ・・・?
私は介護系の資格を持っているのですが、
初めてサービス介助士の存在を知りました。

サービス介助士については、
ここに詳しく書かれています。
http://www.carefit.org/carefit/

接客業の人が障がい者や高齢者等のサポートの仕方を
学ぶ民間の資格だそうです。
鉄道会社や百貨店の従業員の方が
よく受講されているみたいですね。

サービス介助士って持っている人
と持っていない人はおもてなしが違うのでしょうか・・・
うーん。持ってても持ってなくても
対応はその人によって、違いですね。


対応してくださった駅員の方は
乗車位置についての説明が曖昧でした。
よく、駅員の方で乗車位置の説明が
曖昧な方が多いように感じられます。
車椅子の乗車位置についてもっと
把握していただきたいです。



この前、東京の私鉄に乗ったのですが、
駅員の方が改札から乗車位置までついてきて
下さりました。その方は確かサービス介助士
ではなかったと思います。
しかし、手を差し伸べようと一生懸命
対応してくださいました
大切なのは、気持ちですね。

資格を持っている持っていないにかかわらず、
その人の視点にたってサポートしてほしいものですね。


プロフィール

nati

Author:nati
ある社会福祉を勉強している大学生のページです。気づいたこと、発見したことがあれば更新していきたいと思います。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。